ビフィダス先生の『イビツな愛の巣』 を紹介! 絶妙な間と表情が背徳感を引き立たせる傑作♪

2019年03月28日
おすすめアダルトコミック 0

こんにちは、タケノコです!

今回は私のおすすめのアダルトコミック。

ビフィダス先生の『イビツな愛の巣』を紹介したいと思います♪



『イビツな愛の巣』


イビツな愛の巣


秀逸な出来だった『キミを誘う疼き穴』に続くビフィダス先生の2冊目の単行本!

母と息子、姉と弟、兄嫁と義弟、双子、妹と兄、従姉妹と従兄、叔母と甥...

といった具合に、近親相姦ものの背徳感をそそる話がほとんどを占めています!



前作よりも表現力がさらにパワーアップ!

今作は前作よりもさらに表現に磨きがかかっており、間や表情の使い方が本当に上手♪

余計な言葉を使わずともエロシーンの背徳感を引き立たせる手法は見事の一言!

画の方もムチムチで非常に艶っぽい代物...!

高い表現力と相まって実用性の極めて高い出来となっています♪



単行本ならではの要素も充実♪

各話のヒロインのカラーイラスト、後日談、ビフィダス先生の作品に対するコメントなど。

単行本でしか見れない要素も充実♪

こちらも素晴らしい出来、面白さがありました(*´ω`*)

近親相姦ものが苦手な人に無理にオススメはできません...

ですが、「物語の世界」とキッチリ割り切れる方には是非とも1度読んで欲しい見事な作品です!




私のお気に入りの話♪


アカネおばさんとオレ


特に私のお気に入りの話は『アカネおばさんとオレ』

アカネさんがとにかく可愛くてたまらないくらいに魅力的♪

仕草や表情、そして何と言っても自分から挑発しといてあっさりヤラれちゃうところ...

凄くエエですねぇ(*´▽`*)

私もアカネさんみたいなエロくて可愛い叔母さんが心の底から欲しかったな...



ただ注意点が1つあります!

この本を最初から読んでしまうと、残念なことにいきなりエピローグから始まってしまうのです...

『アカネおばさんとオレ』の本編は本の最後に掲載されています。

なので、まだ読んだことがない人は邪道ですがそこから読んで欲しいです!

最初から読んでしまってもアカネさんの溢れんばかりの魅力は伝わると思います...!

それにどうせ何度も繰り返し読むことになると思うので些細な問題だとは思いますが(^▽^;)




じっくりと読んで欲しい話♪


アユの喫茶室


じっくりと読んで欲しいのが『アユの喫茶室』

この話のヒロインのアユは本当に全く喋りません、発するのは喘ぎ声だけです。

「ヒロインが喋らない」というのはアダルトコミックにおいては非常に高いハードルの高い題材だと思います。

しかし、そこを表情や仕草、構図、効果音を丁寧・巧みに使ってストーリーを紡ぎ。

言葉だけでは表せないエロさ・雰囲気を見事に表現しています!

ビフィダス先生の技量や世界観などが凝縮された話だと思います。

本を買ったらぜひ堪能して欲しいですね♪




興味のある方はまずは無料サンプルを!





興味のある方はまずは無料サンプルを!

サンプルを読んでみて気に入ったのであれば間違いないはず!

買って損をしたと感じることは決してないです♪

今回紹介した作品以外にも『ママ教えてあげる』や『セックスレスでごめん』など。

背徳感たタップリな秀逸な作品が詰め込まれています!

興味のある方はすぐにでも読んでみて欲しいですね(*^-^*)




雑談


身体に気をつけて頑張って欲しい...!

ビフィダス先生のTwitterを見てると毎回凄く心配になります...

くれぐれも身体と心を大事にして頑張って欲しいですね。

私に出来ることは作品を購入することや。

こうやって拙い文章で紹介することくらしかありませんが。

末永く応援してきたいと思っています(>_<)

今後も良い作品をが読めることを期待しています!



今回はこれでおしまい、よいエロライフを!
関連記事

気に入ったらシェア!

コメント0件

コメントはまだありません